丁寧に実践 レイキを使うコツを楽しくつかむ! 臼井式レイキ 初級 全2日間 講習

渋谷で学ぶじっくり実践臼井式レイキ初級講習

渋谷で学ぶ! 丁寧に楽しく実践! レイキ初級アチューンメント 全2日間講習

レイキを実際に使う時間を十分にとって、自信を持ってレイキを使えるように!

臼井式レイキは誰もができるようになります、才能は必要ありません。

臼井式レイキとは何か?詳細は下記サイトをご覧ください。

日本伝統 臼井式レイキとは

臼井式レイキを学ぶ大きなメリットは自分にレイキ(エネルギー)を自分で満たして免疫力、自然治癒力を高め心身健康にすること、また自分だけでなく他人や人間以外の動物、植物などにもレイキ(エネルギー)を流して元気にしていくことができることです。

誰でもできるようになる臼井式レイキですが、実際にレイキをたくさん使っていくことが大事です。

自信を持ってレイキを使っていくためには、繰り返しレイキを使って「レイキを流している」感覚を掴んでいくことが大切なのです。

レイキをたくさん使っていくことで、レイキを受け取るパイプが育ち、心身が健康になるのを実感していけるようになっていきます。

臼井式レイキは初級講習が最も重要といわれています。

レイキを受け取るパイプを育てる方法を含め、レイキの使い方の基本はすべて初級講習でお伝えするからです。

臼井式レイキの初級アチューンメント講習はいわば家(=安心立命)の土台のようなもの、初級講習でお伝えする内容を理解し、実践を重ねていくことで何があっても崩れない家が建つ(安心立命、ブレない生き方ができるようになる)のです。

けれど、

「今まで気(エネルギー)に関することなと全くやったことがない……」

「私は飲み込みが遅い方……ついていけるか不安……」

という方もどうぞご安心ください。

レイキを「実際にどのように使っていくか?」を丁寧にお伝えし、またレイキを使う実践の時間を十二分にとって、どなたも自然にレイキを使う感覚を身につけていくことができます。

ご帰宅後も迷いなく自信を持ってレイキを使えるようになりますよ。

日本伝統 臼井式レイキ初級アチューンメント講習 (全2日間)はこのような方におススメします。

  •  一日で長時間(5時間)受講する時間をとれない方 または日中しか時間をとれない方
  •  ゆったりとしたペースで学びたい方(「ついていけるかどうか」不安に感じる方)
  •  初級講習ご受講後、練習会になかなかお越しになれそうにない方
  •  自己鍛錬法(レイキを受け取るパイプを育てる)やレイキを使うコツをじっくり学びご自宅に帰ってからも迷いなく実践していきたい方

日本伝統 臼井式レイキ 初級アチューンメント講習 全2日間 (所要計6時間 )

講習内容

1日目(3時間)

レイキについて詳しくご説明し、日本伝統 臼井式レイキの目指す安心立命への理解を深めていただきます。

日本伝統 臼井式レイキとは
レイキとは何か
臼井式レイキの特徴
日本伝統式と西洋式の違い
臼井式レイキの成り立ち(歴史)
アチューンメント(レイキ伝授)とは何か
アチューンメント
好転反応とは

実践練習(レイキを意識する、日本伝統式技法の実践、人への手当て)

2日目(3時間)

実践に特化した3時間、レイキを上手に使っていくコツを掴んでいきます。
楽しく!(レイキを使う時間は楽しいですよ!)実践を重ねながら、自分にレイキを流し、受け手にレイキを流すことを自然に覚えていきます。
レイキを受け取るパイプを育てる方法をお伝えし、ご自宅に帰ってからも自信を持って
レイキを実践していけるようになります。
また、病腺(ヒビキ)についても詳しくご説明します。

レイキを意識する
発霊法(レイキを受け取るパイプを育てる方法)
簡易アチューンメント
レイキシャワー
各日本伝統技法
自分への手当て (西洋式12ポジション)
他者(人間以外の動物や植物含む)への手当て
病腺(ヒビキ)の理解 など

日本伝統 臼井式レイキ初級 レイキを使うコツを楽しくつかむ 全2日間講習@渋谷

 

場所 渋谷 桜会館
 JRまたは東京メトロ、東急(東横線、田園都市線)、京王井の頭線 渋谷駅東口から徒歩9分
所要時間 6時間 (1日目:3時間 2日目: 3時間)
日時はご希望に合わせます。ご希望の2日間をお知らせください。
※1日目と2日目は連続したお日にちでご受講頂くことが望ましいです。
※ご受講時間は10:30~15:30の中でご希望の3時間をお知らせください。(アチューンメントを含む。適宜休憩を入れます。)
ご受講料金 36,000円 
(税込み・テキスト代込み)

お申し込みはコチラ

松戸での2日間講習もご受講可能です。ご希望のお日にちとお時間をお知らせください。

お申し込み・お問い合わせはコチラ

カテゴリー: ブログ